家屋の評価

家屋(建物)の評価方法は、誰がどのように使用しているのかといった現在の使用状況により異なります。

 

1:自用家屋(自己所有の家屋を自分自身で使用しているもの)

 

  • 固定資産税評価額 × 1.0

 

2:貸家(自己所有の家屋を他人に貸しているもの)

 

  • 自用家屋評価額 ×(1-借家権割合)× 賃貸割合

 

3:使用貸借により貸し付けられた家屋

 

  • 自用家屋評価額

 

4:建築中の家屋

 

  • 費用現価※ × 70%

※課税時期までに使用した建築費用額を課税時期の価額に引き直した額の合計額

 

5:家屋と構造上一体となっている設備

家屋と構造上一体となっているものについては、家屋の評価額に含みます。

例)電気設備・ガス設備・衛生設備・給排水設備

 

6:借家権

 

  • 自用家屋評価額 × 借家権割合 × 賃貸割合

※ただし、この権利が権利金等の名称をもって取引される習慣のない地域にある場合は、対象となりません。

 

相続財産の評価・調査 関連項目

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

西宮相続遺言相談センターでは、西宮北口駅から徒歩3分に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします