生前対策

将来の不安やお困りごとに対して生前対策で備えておく方法があります。生前対策は遺産相続や相続税に対する対策、ご自身の死後必要になる事務手続きに対する対策など多岐に渡ります。

ここでは一般の方の生活と関わりの深い生前対策についてご説明させて頂きます。

 

老後に不安に生前対策

多くの方が抱える老後の不安として、「ご自身が病気になり入院してしまい、そのまま亡くなってしまったら死後の事はどうなるのだろう?」といったものや、「認知症になってしまったら所有している財産はどうなってしまうのだろう?」といったお悩みをよくうかがいます。当西宮相続遺言相談センターでも実際にそういったお悩みを抱えてご相談にいらっしゃる方もおります。

現在は元気でしっかりされている方でも、ご近所の方やご親族などの病気やケガなどを通じてご不安に感じる方も多いようです。

昨今では核家族化が進みお子様が家庭を持ち離れて暮らしている方も多く、近くにご家族やご親族のいらっしゃらない方は特に生活の中で、ふと不安を感じることも多いようです。

このように不安を抱える方は生前対策を活用することで将来の不安に対し法的に備えておくことが可能ですので、生前対策をご検討されるのも一つの方法ではないでしょうか。

 

 

生前対策で認知症によるトラブルを防ぐ

ご高齢者が多く巻き込まれるトラブルに「認知症」に起因するものがあります。

認知症は老化による物忘れとは異なり、適切な判断が出来なくなる為に日常生活に支障があるばかりではなく、悪質な犯罪行為のターゲットになってしまう心配もあります。また、残念なことに他人ではなく、身内の親族が勝手に預金を引き出すなどのトラブルも現実には起こっています。

このような認知症に対するトラブルには生前対策として「財産管理委任契約」を第三者と契約しておくことが有効な方法です。財産管理委任契約とは、契約を結ぶ第三者に財産の管理を委託するというものです。
財産管理委任契約は「契約」という法律行為となりますので、ご自身の意思能力がはっきりしている状態で結ぶ必要があります。つまり認知症になってからでは契約ができませんので注意が必要です。

財産管理委任契約についての詳しい説明はこちら>>

 

もしもの時に備える生前対策

配偶者やお子様などがいらっしゃる方であれば、ご自身が亡くなられた後の葬儀の手配や死後の事務的な手続きなどの心配は必要ないかもしれません。しかし、身寄りのない方ですと、ご自身の亡くなられた後の事について不安を抱える方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そのような場合に有効となる方法として「死後事務委任契約」というものがあります。この契約はご逝去の際に死後の事務手続きなどを第三者に委託することが可能となるものです。

現在の社会的問題を背景にこの死後事務委任契約の認知度は上がっており、また、必要とされる方も多くいらっしゃいます。この死後事務委任契約を専門家と結ぶことで周りの方に迷惑や負担をかけることがなくなりますので、ご検討される方も多いようです。

「身寄りがない」「家族や親族と疎遠になっている」「友人やご近所さんには頼めないし、迷惑を掛けたくない」

上記のようなご不安のある方は死後事務委任契約で生前対策を行う事でいざという時の備えができるでしょう。

死後事務委任契約についての詳しい説明はこちら>>

 

生前対策を検討されるのはご自身だけでなく周りの方やご親族を安心させられる一つの方法ともいえます。
上記に挙げたご不安をお持ちの方で西宮近郊にお住まいの方でしたら、西宮相続遺言相談センターの無料相談をご利用ください。初回の無料相談から生前対策について専門家が丁寧にご案内させて頂きます。

 

 

生前対策について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

西宮相続遺言相談センターでは、西宮北口駅から徒歩3分に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

無料相談実施中!

アクセス

  • 事務所所在地

    地図
    〒663-8204
    兵庫県西宮市高松町4-37 中林ビル西宮3F (ARUHI 西宮北口店内)

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします