遺言書作成時の財産調査

遺族のために遺言書を作成したと思っても遺言の内容に不備があると、かえって遺族は混乱してしまかもしれません。

遺言書作成時において、見落としの多い点として財産調査が挙げられます。

遺言書をいざ検認してみると、記載されていない財産が見つかったために、その部分の財産をどのように分配するか、相続人全員による協議となってしまう場合もあります。
このような場合に法定相続通りの手続きをすることも多いですが、それでは遺言者の意向に沿った相続とは言いにくいでしょう。遺言者の相続に対する希望を最大限に実現させるためにも、西宮相続遺言相談センターでは、遺言書作成時から丁寧な財産調査をされることを推奨しています。
ここでそのために必要となる注意点を確認していきましょう。

 

財産調査時の注意点

  • 相続不動産の確認とその評価の確認
    実際に相続不動産は相続人にとって価値のあるものか検討しましょう。
    また、抵当権、定期借地権、底地権の有無により売却のしにくい不動産でないか確認しましょう。
  • 預貯金の確認
    各金融機関に財産がいくらであるか確認しましょう。お持ちの全ての口座が対象です。
  • 生命保険金契約の確認
    生命保険金の受取人を確認しましょう。相続税の対象にもなり得るので注意が必要です。​
  • 金融資産の確認
    株式等の金融資産の有無とその評価を確認しましょう。
  • 相続税がかかるかの確認
    相続税が発生することが見込まれる場合には、生前対策などで税金対策ができないか検討しましょう。

以上のようなことを確認したながら、丁寧な財産調査をしましょう。

しかしながら、以上の注意点を全てクリアし漏れの無い財産調査を行うことは、場合によっては非常に労力を要することもあります。不動産に付着する権利の確認金融資産の評価の確認は専門的な知識を要することもある為、法律の専門家に依頼されることも有効な手段です。

 

西宮相続遺言相談センターでは、財産調査のお手伝いだけでなく、遺言の作成や相続に関するお手伝いを承っております。

漏れのない財産調査で円満相続を目指す方は西宮相続遺言相談センターの無料相談をご活用ください。

遺言書についてについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

西宮相続遺言相談センターでは、西宮北口駅から徒歩3分に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします