遺言執行者について

遺言執行者は、遺言書に記載された内容を実現させるために、実際に手続きを行う者を指します。家庭裁判所での遺言の検認後、必要な手続きを行う流れになります。

遺言執行者とは

遺言執行者は必ず指定しなければならないものではなく、遺言執行者が指定されていない遺言でもその効力は否定されません。しかしながら、せっかく作成した自筆証書遺言の存在が発見されるか、希望通りの相続が正確に行われるか等、不安は残ってしまうでしょう。
さらに、相続の手続きに不動産の登記申請が含まれる場合や、相続不動産を第三者に遺贈するといった場合には、遺言執行者が指定されていないと遺言の実現にかなりの手間を要することが予想されます。

作成した遺言の内容をより確実に実現する為にも、遺言執行者を指定することをお勧めします。特に西宮相続遺言相談センターでは遺言執行者として、法律の専門家を指定することを推奨しています。

 

 

遺言執行者の必要手続き

ケースによって必要となる遺言執行者の手続きは異なりますが、一例として

 

  • 財産目録の作成 
    相続財産の調査を行い、その財産を証明する登記簿や権利証も揃えます。
  • 遺言の内容に沿った、遺産の分配
  • 遺産の不法占有があった場合には、明け渡し、移転の請求をする
  • 遺言の内容によって、相続人以外に財産を分配する必要がある場合は、遺産の引き渡し及び所有権移転登記の申請。
  • 認知の届出の記載のある遺言である場合には、戸籍の届出
  • 相続人廃除に記載があった場合には、相続人廃除の手続き

 

等があります。

 

遺言執行者を専門家に依頼する場合

上記の通り、遺言執行者が行うべき手続きは多岐に渡り、かなりの労力を要する為、司法書士や行政書士などの法律の専門家に依頼するのがよいでしょう。

相続に強い法律家に相談して相続手続きを行うことで、遺族の負担が大幅に軽減するだけでなく、トラブルのないスムーズな遺言の執行が期待できます。

西宮相続遺言相談センターでは遺言書に関するご相談をはじめ、相続に関するご相談を多数承っております。西宮相続遺言相談センターでは初回の相談は無料でご利用いただけるので、お気軽にお問い合わせください。

遺言書についてについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

西宮相続遺言相談センターでは、西宮北口駅から徒歩3分に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします