相続税申告

こちらのページでは、相続税申告についてご説明いたします。相続税の申告が必要かどうかは相続財産の総額が大きく影響します。この相続財産の総額が、定められている相続税の基礎控除額より大きい場合、その超えた部分の価格に対して相続税がかかります。

相続税の基礎控除に関しては以下の方法で計算します。基礎控除額は相続人が多いほうが、控除額が高くなります。

相続税基礎控除=3000万円+600万円×相続人の人数=基礎控除額

 

近年、相続税の申告について注目が集まっているのは平成27年度1月1日の税制改正によって、上記の基礎控除額が大幅に引き下がったためです。そのためそれまでは相続税申告を行う必要がなかった家庭も、相続税申告や納税について考えなければいけない状況となりました。「自宅のみが相続財産です」という家族であっても、いざ調べててみると相続税の対象となる可能性はあります。昔は一部の資産家のみが対象である税金というイメージがあった相続税ですが、今は一般家庭にも広がっているのです。相続が始まった時には必ず相続税に関しても、申告や納税が必要かどうか確認するようにしてください。

 

相続税申告に関しては様々な控除があり、相続税の計算を行う際に差し引くことができます。それにより相続財産の総額が、基礎控除額が大きい場合であっても、控除を適用することによって相続税の納税額が0円になることもあります。

 

 

西宮相続遺言相談センターでは相続分野に強い専門家が、西宮近郊の方々のご心配事を解消するため無料相談にてご相談を承っております。

 

 

 

相続税申告について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

西宮相続遺言相談センターでは、西宮北口駅から徒歩3分に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします