最適な相続の方法を考えよう

相続の方法を確認しましょう

相続人にとって、最適な相続の方法を選択することは非常に重要でしょう。慎重な検討や調査なく手続きをしてしまうと、実際には被相続人の財産中に多くの借金が含まれているにも関わらず相続をすることになったり、誤った手続きをすすめてしまった為に、相続放棄が家庭裁判所で受理されない場合も考えられます。正しい知識を身に着けて最適な選択をしましょう。もし相続の方法でお悩みでしたら、お気軽に西宮相続遺言相談センターにお問い合わせ下さい。

相続の方法としては、相続財産中の全てを相続することを意味する単純相続、相続財産中の全ての権利について放棄する相続放棄、相続財産中の一部のみを相続する限定承認の3つが考えられます。このうち、相続放棄と限定承認には期限が定められています。相続が発生したことを知った日から3ヶ月以内が期限になりますが、この期限を経過した場合は相続人が単純承認することになります。

 

  • 単純相続 相続財産中の全ての財産を相続
  • 相続放棄 相続財産中の全ての権利を放棄
  • 限定承認 相続財産中の一部のみを相続する

 

相続方法の検討をしましょう

相続の方法を判断する際には、まず被相続人の財産を正確に調査することが重要になるでしょう。例えば、借金、住宅ローンなどの負の財産が多い場合には相続放棄を視野に入れて検討していくことになります。借金があった場合には、その弁済すべき残額がいくらであるかに加え、過払い金の支払いは今までに無かったかを調査する必要もあるでしょう。限定承認は、被相続人の財産のうちで、プラスの財産の範囲でマイナスの財産を相続することをいい、高度な専門的な知識が要求される難易度の高い手続きになります。相続の方法のうち、相続放棄や限定承認は期限があり、手続きも高度になるため、司法書士などの専門家に相談されることをお勧めします。

 

 

相続人に不利益が無いお手続きをするために、お気軽に西宮相続遺言相談センターにご相談下さい。西宮相続遺言相談センターでは初回の相談は無料でお伺いしております。

 

 

 

相続放棄を検討しようについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

西宮相続遺言相談センターでは、西宮北口駅から徒歩3分に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします