相続財産の調査について

相続財産の調査は、被相続人が所有していた財産の全容を把握するために調査をするものです。どのような財産があり、どこにどれだけ存在をしているのかを調べていきます。

相続財産となるものには、現金、預貯金、自宅などの不動産、株・有価証券等が一般的なものになります。その他、車や貴金属なども相続財産とみなされるケースもあります。こういったものはプラスとなる財産と判断します。そして、マイナスとなる財産、借金やローンについても相続財産とされます。相続財産となりますので、こういった負債についても相続をする事になりますのでその内容には注意しておきましょう。

最近では、両親と離れて暮らす方が増えていますので、親の財産の事など全く分からないという場合も珍しくありません。自宅に通帳を保管していれば見当もつきやすいでしょうが、それでも完全に把握できるわけではありません。

こういった場合に、どのような調査をするのかをこちらで確認していきましょう。

 

相続財産とは?

まず、相続財産とはどのようなものが含まれるのか、下記ページで確認しましょう。

 

みなし相続財産

相続財産の中に、みなし相続財産とよばれるものがいくつかあります。こちらについても下記よりご確認下さい。

 

遺言書に記載のない財産があった

遺言書が見つかったが、その中に記載のされていない財産がある場合、下記のような手続きをします。

  • 記載のない財産の調査については自分で行う。調査が困難なものについては司法書士などの専門かいに依頼
  • 遺言書に、記載のない財産に関しての相続方法の指定があればそれに従う。記載がない場合は、相続人全員による遺産分割協議を行う。

 

財産について全く見当がつかない

相続財産についての情報が全くなく、調査の見当がつかない場合には、専門家である行政書士・司法書士・弁護士に調査を代行してもらう方法があります。専門家でも調査が難しい場合もありますので、まずは無料相談へとお越しください。
 

特定の相続人が財産を隠し開示してくれない

  • 法定相続人であれば、どなたでも財産調査をする権利があります。相続人間でのトラブルを避けたい場合などは、行政書士なども専門家へ依頼する事をお勧めします。

相続手続きについて

初回のご相談は、こちらからご予約ください

tel:0120110991

平日:9時00分~18時00分 土曜日:9時00分~17時00分

  • お問合せ

西宮相続遺言相談センターでは、西宮北口駅から徒歩3分に事務所があり、無料相談を受け付けております。また、出張面談も受け付けておりますので、まずはお電話にてお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例を
Q&A形式でご紹介
いたします